ブームリフト とは~高所作業用機械~

ブームリフトとは、別名「高所作業用機械」とも呼び、その名の通り高所での作業をスムーズうために人員を高所へとリフトアップするための機器となります。ブームリフトは伸びるアーム部分の長さにより、人員を上に上げる範囲が決まってきます。短いものだと3mクラスの物や長いものだと50mといった高さにまで対応可能な物までその種類は豊富です。この記事ではそんなブームリフトについての基本的な活用目的やどのような高さまで対応可能かなど、詳しい情報を紹介していきたいと思います。

ブームリフトを使用する目的

上記でも簡単に説明している通り、ブームリフトは高所での作業を行うために使用されます。ブームリフト最大の特徴は「持ち運びが可能」という要素であり、これによりどのような現場においても自身が持参した信頼のおける危機で高層作業を行うことが可能となったのです。高さがあり、指示さえあれば自由に高低の調節が可能なブームリフトはロープを用意て作業を行うよりも比較的安全な作業現場を形成することが可能であり、ロープを設置するという手間もないので手間もかからず早期に作業が開始できます。

ブームリフトの高さについて

高層ビルでの作業をおこなう際には、最大で「50m」のも伸びるブームリフトを使用する場合もあります。それ以上ともなるとリフトを支えるアーム部分の耐久の影響からか製作されてはいないのです。50m級のブームリフトは折り畳みも可能な「屈伸型」が最も多く、さまざまな工事現場で汎用的に使用されています。