高所作業車の選び方。走行距離や燃料

高所作業車は高い場所での作業を行う際に、足場を組む必要が無く作業や工事期間を大きく短縮出来る為、導入の検討をされている会社等が増えております。特に高所作業車を購入する場合、中古車市場から探すケースが多くなっております。そこで高所作業車を選ぶ際のポイントを確認しておきましょう。

高所作業車の特徴

高所作業車は基本的にはトラックの荷台部分に高所で作業を行う為のバケットを装備した物で、そのバケットに作業者が乗り込み、通常では足場等を組む必要が有る様な高所での作業を行いやすくした車です。

高所作業車の選び方

高所作業車は新車での購入は勿論、中古車でも購入する事が出来ますが、最近はその中古車市場での人気が高まっております。

高所作業車の選び方のポイントの1つ目は、ベースとなるトラックとしての走行距離です。トラックのエンジンや車体は一般の乗用車等に比べ非常に故障しにくく、例えば走行距離が数十万キロ中古車であっても、その後も長期間使い続ける事が出来ます。

その為、走行距離は余り意識しなくても良いと考えますが、基本となるエンジン調子の良い物にしておく事は、最低限のポイントと言えます。

次のポイントとしては高所作業車に装備されている機能です。製造年月日等によって機能が異なっている場合が有りますので、必要な機能が装備されているか等の確認は事前に行っておくと良いでしょう。

更に使われている燃料も高所作業車を選ぶ際のポイントになります。トラックベースの高所作業車の基本的な燃料は軽油の場合が多くなっております。軽油燃料で有れば維持費も安くする事が出来ます。

又、中古車で購入する場合には、多くの高所作業車やトラック等を扱っている販売店で探す事が自分に合った高所作業車を見つけ易くするポイントとなります。