スリルはなく、景色がただただ素敵なアルバイト

高所作業車や高所作業台を使った作業として都内のビルの塗装アルバイトを体験しました。そのときの体験エピソードをここに書かせていただきます。高所作業車や高所作業台を使った作業は最初はおっかなびっくりでしたが、その現場で働いている方の表情や手つきを見て、いつか慣れるだろうと感じました。実際に数週間で気が付いたら慣れていました。私が担当した高所作業車や高所作業台を使った作業はビルの塗装ですが、ビルの高所を透明で粘性のある液体でコーティングするというもので、ビルの塗装の耐久性を向上させるための防汚・防水加工を担当しました。その液体はややニスのようなにおいがするものでしたが、調べてみると健康に害はないとのことだったので安心して高所作業車や高所作業台を使った作業に取り組みました。高所での塗装作業はクレーン車でしたから上にアプローチするのではなく、高所作業台をビルの屋上から目的地へと下すという上からのアプローチで行いました。この上からのアプローチと下からのアプローチはビルの構造や現場の規則によって決めるということを説明会の際に実際に現場で働いている方からお聞きしました。作業台は丈夫なワイヤーで四隅だけでなくかなりの箇所がつるされており、作業者自身にも安全ワイヤーが取り付けられているので、万が一作業台が何かの不具合で落下したとしても作業者は落下しないように設計されているので、安全性は担保されていると思います。(男性・27歳)